おうちでとろける幸せ
食事メニュー

今日の献立:ほうれん草のキッシュ

キッシュを作ったら、他の献立は?

先日ランチを食べに行った時、前菜にキッシュがでてきました。

久ぶりに食べたキッシュは、タルト生地がサクサクで

「やっぱり好きだわ~。」と再確認しました。

そして、最後にキッシュを作ったのはいつだろうと思うと

十数年作っていないことに気づきました。

子どもは私の手作りキッシュ食べたことがないのかと思うと、

ヨシ!頑張ってみようとやる気になりました。

ただ、おうちでキッシュを作る時、献立はどうしようと悩みます。

私のキッシュにはお肉やお魚が入っていないので、

育ち盛りの子どもや、仕事をしている旦那は食べたいはずです。

キッシュはバターをたくさん使い、生クリームも使うので高カロリーなので

他のおかずに悩みます。

普通に調理したら、カロリーがすごいことになるではありませんか💦

ということで、お肉は冷しゃぶサラダにすることにしました。

茹でることで余分な脂も落ちるので、炒めるよりあっさり食べられます。

ランチで食べた前菜
こちらはランチで食べた前菜。どれも美味しかったです。

今日の献立

ほうれん草のキッシュ

豚肉の冷しゃぶサラダ

野菜スープ

ほうれん草のキッシュのレシピ

生クリームと牛乳を1:1で入れることで

生クリームのコクも維持しつつカロリーを抑えました。

今回キッシュの生地も手作りしましたが、

冷凍のパイシートを使っても大丈夫です。

手作りですが、フードプロセッサーを使うと驚くほど

簡単にできました。

これなら誰でも失敗なくできるはずです。

キッシュの生地のレシピ

材料

小麦粉   120g

バター   100g

塩     2つまみ

水     50cc

作り方

①バターは1センチ角くらいに切ります。使う直前まで冷蔵庫で冷やしておきます。

②フードプロセッサーに小麦粉、バター、塩を入れてスイッチを入れます。

③生地が粉チーズのようにパラパラになったら、水を入れます。

④生地がひとまとまりになったら、ラップに包んで、冷蔵庫で一時間ほど寝かします。

⑤台と麺棒に強力粉をまぶして、生地を伸ばし、タルト生地に敷きます。

⑥180℃に温めたオーブンで15分焼いたら生地は完成です。

キッシュの具のレシピ

材料

ほうれん草

エリンギ

ベーコン

塩 一つまみ

生クリーム   50ml

牛乳      50ml

卵       1個

チーズ     50g

作り方

①フライパンに油をひいて、ほうれん草、エリンギ、ベーコンを炒め、塩一つまみ入れて炒めます。(A)

②熱いままソースを作ると卵が固まるので、冷まします。

③(A)にチーズ、牛乳、生クリーム、卵を入れてよく混ぜます。

④タルト生地に具材を流しいれ、お好みでトッピングにチーズをのせて

180℃に温めたオーブンで15分焼いたら完成です。

豚肉の冷しゃぶサラダ

豚肉の冷しゃぶサラダのソースは

いつものごまマヨにヨーグルトを大さじ1加えました。

少しあっさりするので、キッシュで少し重く感じたおなかにも

負担なく食べることができます。

ヨーグルト:マヨネーズ:すりごま=1:2:2

感想

キッシュの生地がサクサク、具材のソースがとろりと濃厚で

ベストマッチです♡

たくさん食べる子どもや旦那を見ると

作って良かったなと思いました。

冷しゃぶサラダもほど良くさっぱりしていて、

今日の献立によく合っていました。

酸味というほどではないので、子ども達も喜んで食べてくれました。

今日もおいしくいただけて幸せでした。

ごちそうさまでした。

今回生地作りはフードプロセッサーのおかげで簡単にできました。

実はフードプロセッサーを単独で買ったのではなく、

ハンドブレンダーの1機能です。

もし、まだ持っていないという方がいましたら、とても便利なので

おすすめです。

詳しくは「おすすめキッチンツール」をご参照くださいませ。