おうちでとろける幸せ
食事メニュー

ラタトゥイユをアレンジ!豚肉入りラタトュイユ

豚肉入りラタトュイユ

野菜たっぷりメインディッシュ

野菜をトマトで煮込んだラタトュイユに豚肉も入れてメインディッシュにしました。

ラタトュイユとは元々南フランス発祥で夏野菜をにんにくとオリーブオイルで炒めて煮込んだお料理だそうです。

たくさんのお野菜のおいしさが濃縮されたトマトソースに豚肉のうま味も加わり、

より深みが感じられます。

元々は夏野菜の煮込みですが、パプリカやズッキーニは今は年中手に入りやすいですが、

なければ、玉ねぎや茄子、ピーマンでも大丈夫です。

玉ねぎを入れると甘味がでるので、玉ねぎは入れることをおすすめします。

今日の献立

豚肉入りラタトュイユ

きゅうりとかにかまのサラダ

豚肉入りのラタトュイユのレシピ

ラタトュイユのアレンジレシピ、豚肉を入れることでメインディッシュに変身!

お肉を入れることでよりまろやか濃厚になります。

材料

  • 豚肉(薄切り、バラ、切り落としなど)   300g
  • トマト缶詰 1缶
  • 玉ねぎ   2個
  • ピーマン  5個
  • ズッキーニ 2本
  • 茄子    2本
  • 料理酒     200ml
  • みりん     大さじ2
  • 洋風固形スープ  2個
  • ローレル     2枚
  • バター      15g
  • オリーブオイル
  • にんにく   1片

作り方

①にんにくはみじん切りにし、野菜や食べやすい大きさに切ります。

②にんにくをオリーブオイルで炒め、香りがたってきたら、豚肉、野菜を入れて炒めます。

③お肉の色が変わり、野菜がしんなりしたら、トマト缶、料理酒を入れて煮込みます。

④固形スープ、ローレルを入れて蓋をして弱火で30分ほど煮込みます。

⑤野菜がトロっとしたらバターを入れて、溶かしたら出来上がり!

トマトの酸味を抑えるポイント

トマトの酸味をマイルドにするために、バターとみりんを入れています。

それでも酸味を強く感じる方は、

仕上げに牛乳やチーズを加えてみてください。

私はトマトソースが元々大好きなのでそのままでも好きですが、

牛乳、チーズ入れたマイルドタイプも好きです。

我が家のチビさんは酸味が苦手なので、牛乳、チーズを入れてさらに、ご飯にかけたりもしています。

ご飯に混ぜてスクランブルエッグを乗せれば、簡単オムライスに早変わり!

また、パンに乗せたり、ショートパスタに和えてもいいですね。

感想

余ったら明日のお昼にオムライスにしようと思っていたのですが、

ほとんど食べきりました✨

嬉しい誤算です。

煮込み料理は手間がかかっているようにも思えますが、

材料を切ったらあとは煮込むだけなのでとても簡単です。

私はルクルーゼのお鍋で煮込むので

お肉もお野菜もほろほろと溶けてくくらい、柔らかく仕上がります。

今日もごちそうさまでした✨

ル・クルーゼのお鍋

ル・クルーゼのお鍋は可愛い上に煮込み料理が本当においしくなるので

新婚当初からずっと使っています。

蓋が重いので圧力がかかり柔らかくなるそうです。

圧力鍋もル・クルーゼも持っていないという方は一度ご検討してみてください。

【楽天】【Max1,000円OFFクーポン】ルクルーゼ (ル・クルーゼ) SIGNATURE ココットロンド 24cm つまみシルバー ギフト・のし可

【Amazon】ル・クルーゼ(Le Creuset) 鋳物 ホーロー 鍋ココット・ロンド 24 cm カリビアンブルー ガス IH オーブン 対応 【日本正規販売品】