おうちでとろける幸せ
パン

バター香るレーズン食パン

朝食パンの王様レーズン食パン

今朝はホームベーカリーでレーズン食パンを作りました。

レーズンとパン。

王道の組み合わせですがレーズン入りのパンは食パンでもロールパンでも、レーズンが入ると少し特別に感じます。

しっとりした生地にレーズンの甘酸っぱさ、バターの香り。

そう、私のレーズン食パンはバターが多めです。

温める時はフライパンにバターをひいて、表面をサクっと焼くのがおすすめです。

バターの風味が増したレーズン食パンは朝食を幸せにしてくれる気がします。

バター香るレーズン食パン

しっとり甘酸っぱいレーズンとバターの組み合わせ。

わかっているけど、やはり幸せになります。

材料(1斤)

  • 牛乳    190ml
  • 強力粉   220g
  • アーモンドパウダー   30g
  • バター    30g
  • 砂糖     30g
  • 塩      3g
  • ドライイースト   3g
  • レーズン    50g

作り方

①牛乳からドライイーストまでをホームベーカリーに入れて食パン機能でスタート。

②具入れブザーが鳴るとレーズンを入れる。   

私が使っているホームベーカリーはタイマー機能を使うと最初から追加具材を入れておく必要があります。

その場合は最初からレーズンを入れて大丈夫です。

レーズン食パン
レーズン食パン

感想

ホームベーカリーをあけるときれいにふくらんでいます。

焼き色もいい感じで、柔らかく仕上がっています。

切り分けるとバターの香りがふわっとただよってきます。

いい香りですね。

レーズン食パン
レーズン食パン

急いで朝食の準備をしていただきます!

血筋なのか本能なのか、レーズンが入っているというだけで、子ども達のテンションもアップです。

しっとりした生地に甘酸っぱいレーズンにバターの香り。

タイマー機能を使ったので、レーズンを最初から入れていたため、小さくなったレーズンもありますが、その分生地にレーズンのおいしさがねりこまれている感じがします。

朝から幸せです。

みなさんももし良かったら作ってみてくださいね。

レーズン食パン

2日目はフライパンでバターを溶かし、レーズン食パンを焼いて食べました。

こうすると外はサクっと中はしっとり。バターの風味がパンにしみこんでとてもおいしいんです。

こちらの食べ方もおすすめなので、是非作ってみてくださいね。