おうちでとろける幸せ
食事メニュー

ほろほろほどける豚ヒレ肉の煮豚

豚ヒレ肉の煮豚

豚ヒレのブロックがあれば是非

豚ヒレのブロックを旦那さんが買ってきてくれたので、今日は豚ヒレを使いたいと思います。

豚ヒレ肉はバラやロースと比べて脂質が少なくカロリーも半分程度な上、ビタミンB1やタンパク質、ミネラルという重要な栄養素が豊富に含まれています。

比較的安価な豚肉の中で希少部位ではありますが、水分量が多くきめ細やかでジューシーな食感が特徴です。

ダイエットという観点だけでなく、食事を楽しむ観点でも◎の豚ヒレ肉。

脂肪分が少ないため長時間加熱するよりカツやソテーなど短時間の加熱の方が向いているとのことですが、授乳中で量をいっぱい食べるせいか、油っぽい料理がなぜかうけつけないので、煮豚にすることにしました。

長時間加熱でも柔らかくジューシーに食べるために2つ工夫しています。

豚ヒレ肉をより柔らかく、ジューシーにするために

豚肉を加熱して固くなる理由は、筋繊維の収縮、水分が逃げていく、等があります。

筋繊維の収縮を防ぐには酵素につけこむことが有効です。

今回は料理酒、しょうが、はちみつに1時間ほどつけこみました。

また、水分を保持するために、表面を焼く前に片栗粉をまぶしています。

どれも手の込んだ作業ではないので、手軽に取り入れることができますよ。

今日の献立

豚ヒレ肉の煮豚

スティックきゅうり、トマト

にんじんのポタージュスープ

豚ヒレ肉の柔らか煮豚

ほろほろ口で溶ける柔らか煮豚、甘辛いタレとからんでめちゃうまです。

ご飯にも合うし、お酒のおつまみにもなります。

お肉の脂身が苦手な方でもおいしくいただけます。

材料

  • 豚ヒレブロック  350gほど
  • 漬け込み用(料理酒   適量   はちみつ  大さじ2  おろししょうが1かけ分)
  • 片栗粉  大さじ2
  • 水    1000ml
  • 料理酒   100ml
  • みりん   100ml
  • はちみつ  大さじ1
  • しょう油  50ml
  • にんにく  1かけ

作り方

①豚ヒレ肉を保存用袋に入れて料理酒、はちみつ、しょうがを入れて1時間以上漬け込みます。

②水気をキッチンペーパーなどでふきとり、片栗粉をまぶします。

③鍋に油をひいて、豚ヒレ肉の表面を軽く焼きます。

④水を入れて、蓋をして1時間以上(水分が半分くらいになるまで)弱火で煮込みます。

⑤料理酒100mlからにんにくまで鍋に入れて、再び水分が半分くらいになるまで弱火で煮込んだら完成です。

ほろほろほどける豚ヒレ肉の煮豚
ホロホロほどける豚ヒレ肉の煮豚

にんじんのポタージュスープ

ジャガイモのポタージュににんじんをプラスしたスープです。

にんじん嫌いさんでもこれなら食べれるはず!?

材料(4人分)

  • じゃがいも   300g
  • にんじん    1/2本
  • 牛乳      350ml
  • 生クリーム   大さじ2
  • 塩       小さじ2
  • レーズン    適量

作り方

①ジャガイモとにんじんをレンジで加熱又は茹でます。

②ジャガイモ、にんじん、牛乳、塩をブレンダー等でなめらかに攪拌します。

③最後に生クリームをいれて混ぜたら器によそいます。

④トッピングにレーズンを飾ったら出来上がり。

にんじんのポタージュ
にんじんのポタージュ

感想

煮豚を大皿に盛り付けると、なんだかパーティーのような感じになりました。

いただきます!

煮豚はホロホロお口でほどけて柔らかく仕上がっています。

息子はお肉の脂身が苦手なので、豚バラよりもこちらの方が良かったみたいです。

そしてこの煮豚の甘辛いタレと本当によくあっていて、鍋に残っていたタレを追加でかけてしまったくらいおいしいです。

にんじんのポタージュはにんじんの青臭さがなく、ジャガイモでまろやかになっています。

生クリームを少し加えるだけで、コクがアップしておいしさ倍増です。

レーズンの甘酸っぱさもアクセントになっておいしいです。

今日もおいしくいただきました。

みなさんももし良かったら作ってくださいね。