おうちでとろける幸せ
食事メニュー

我が家の新定番!トマトとズッキーニのお好み焼き

お好み焼きの具材

おうちでするお好み焼きをする時、具材は何を入れますか?

我が家はキャベツたっぷりの生地にもち、チーズ、エビが定番です。

また、生地にだしの素を入れて、だし多めの生地にしています。

お店で食べる時はすじ肉入りも好きなのですが、お好み焼きのために

甘辛いすじ肉を用意するのは大変なので、すじ肉はお店専門となっています。

ところで、お好み焼きをしようと思ったら、予想以上に材料が少なかったということはありませんか?

ソースやお好み焼き粉、マヨネーズと慌てて追加で買いに行くこともあるのですが、

キャベツが足りないという事態が発生しました。

キャベツが少ない時、もやしを入れる時もあるのですが、もやしも家にないですし

買い出しにもいけない状況です。

そこで、オーソドックスなキャベツの豚玉と、トマトとズッキーニのイタリア風お好み焼きの2種類を作ることにしたら、このイタリア風お好み焼きが大ヒット!!

我が家の新しい定番となりました。

我が家の新定番!トマトとズッキーニのイタリア風お好み焼き

チーズたっぷりお好み焼き生地がトマトの酸味とズッキーニをまろやかに包み込んでいます。

材料(4枚分)

  • お好み焼き粉    200g
  • 水         150ml
  • 卵         2個
  • トマト       2個
  • ズッキーニ     2本
  • チーズ       50g
  • 豚肉又はエビ

作り方

①トマトは乱切りに、ズッキーニは輪切りにします。

②お好み焼き粉と水を混ぜます。

③卵、トマト、ズッキーニ、チーズを入れてさらに混ぜます。

④フライパンにオリーブオイルをひき、生地を焼きます。

⑤豚肉やエビを乗せて片面に焼き色がついたら、ひっくり返し蓋をして蒸し焼きにします。

⑥中まで火が通ったら、最後もう一度ひっくり返して蓋なしで焼いたら完成です。

ふっくらお好み焼きのポイント

①生地は混ぜすぎないこと!

泡だて器でなく、スプーンでも十分に混ざります。

多少ダマがあってもOKです。

②卵や具材を入れて混ぜる時、できるだけ空気を含まないようにまぜます。

③ひっくり返したら蓋をして焼くことで、ふっくら焼きあがります。

④最後もう一度ひっくり返すのは、余分な水分を蒸発させて、外側をカリっとさせるためです。

トマトとズッキーニのお好み焼き
トマトとズッキーニのお好み焼き
キャベツと豚玉のお好み焼き
こちらはキャベツの豚玉のお好み焼き

感想

「いただきまーす!」

「トマトとズッキーニってどんなのだろう。」

最初はみんなドキドキだったようですが、食べてみると、、

「おいしい!」

「普通のお好み焼きよりこっちのほうが好きかも!」

それくらい大好評でした。

チーズたっぷりの生地がトマトとズッキーニをまろやかに調和しています。

ほのかに残るトマトの酸味がソースやマヨのこってり感を相殺し、いくらでも食べれそうです。

ホットプレートを出すのが面倒だったので、フライパンで焼いたのですが、

自分が食べる時間がないくらい、次から次へおかわり分を焼いていました。

新定番となったトマトとズッキーニのお好み焼き。

みなさんも是非一度作ってみてくださいね。