おうちでとろける幸せ
パン

ふんわりほっこり黒糖食パン

黒糖食パン

給食で食べた懐かしの味

私が通っていた小学校では給食の時に黒糖パンが出ていました。

当時の給食は8割くらいがパンで、パンの種類の中で一番人気なのが揚げパンで、その日はパンの争奪戦の日でした。

ただ、揚げパンは滅多にでないので、普段のパンの中では揚げパンの次に甘い黒糖パンが私の中で揚げパンの次の2番目に好きした。

ただ、地味な見た目(失礼)なので、献立を見て黒糖パンだとテンションが上がるということはなかったんですよね。

食べながら甘くておいしいと思っていた感じで。

それが卒業して食べなくなったところに、ふとスーパーで売っているのを見かけると、たまに食べたくなるのです。

そんなわけで、黒糖を買ってホームベーカリーで作ることにしました。

黒糖のコクのある素朴な甘みにあう、ふんわりしっとしりたパンです。

ホームベーカリーで作るふんわり黒糖食パンのレシピ

昔食べた人も食べてない人も、なんだかなつかしさを感じる黒糖食パン。

ふんわりしっとりした生地にコクのある素朴な甘み。

黒糖はお料理に使うとコクが増すので、あって損のないお砂糖です。

材料(1斤)

牛乳    180ml

強力粉   250g

バター    20g

黒糖(粉末状)  30g

塩    2g

ドライイースト   3g

作り方

①材料をホームベーカリーにセットすればOK!

ふんわり焼きあがった黒糖食パン
ふんわり焼きあがった黒糖食パン

感想

すっごくふんわりきれいに焼きあがりました。

ホームベーカリーから取り出したところの黒糖食パン

きれいにふんわり膨らむと、今日一日いい事があるんじゃないかって嬉しくなります。

うきうき気分で朝食の準備をしていただきます!

懐かしい黒糖の甘味が広がります。

おいしー!

子ども達は懐かしいという感覚ではないようですが、おいしいねと言ってくれています。

そう、生地のふんわりさ、しっとりさ、が絶妙な仕上がりになっています。

今日は朝から一つ良い事があったな✨って思える朝食でした。

皆さんももし良かったら作ってみてくださいね。

黒糖食パンの朝食