おうちでとろける幸せ
パン

リピ確定のバターたっぷりアーモンド食パン

アーモンドプードルを使った食パン

今日の食パンはアーモンドプードルを使った食パンです。

アーモンドプードルを使うことでほんのり香ばしくしっとりします。

そんなパン生地にはバターを少し多めに配合しました。

バターのコクと香りはアーモンドの風味をより一層ひきたててくれます。

バターたっぷりアーモンド食パン

ホームベーカリーで作るアーモンドプードル入りの食パンのレシピです。

バターがたっぷり入っていて、ふっくら香ばしく、コクのある食パンです。

材料(1斤)

  • 牛乳   190ml
  • 強力粉  220g
  • アーモンドパウダー  30g
  • バター        30g
  • 砂糖         30g
  • 塩           3g
  • ドライイースト     3g

作り方

①牛乳から順に材料をホームベーカリーにセットすればOKです。

バターたっぷりアーモンド食パンの出来上がり
バターたっぷりアーモンド食パンの出来上がり

バターの役割と代用について

パン作りには油脂を入れることで、パン生地の伸びを良くしボリュームが出て、美味しく仕上がりますが、

油脂をバターにすることで風味がよくなり、ふっくら香ばしくなります。

でば、バターと似た油脂でマーガリンやショートニングがありますが、

これらをバターの代わりに使うとどうなるのでしょうか?

マーガリンは精製した油脂に乳成分等を加えて乳化したものでバターと似た風味ですが、バターより安く手に入るのが特徴です。

バターの代わりにマーガリンを使った場合、少しあっさりした風味になりますが問題なくパンを作ることができます。

ショートニングは植物油を原料とした食用油脂で、クッキー等の焼き菓子に使った場合サクっとした食感になります。

また、無味無臭なのも特徴です。

なので、パン作りのバターの代わりにショートニングを使った場合、代用は可能ですがバターのような風味はなく、サクっとした食感のパンとなります。

バターの方が焼き色が付きやすいので、焼き色にも違いがでてきます。

他の材料やトッピングとの兼ね合いでバターの風味をあまり出したくない時におすすめです。

感想

ホームベーカリーをあけるとふっくらきれいな焼き色で焼きあがっています。

バターの香りがふわっとただよってきます。

うん、幸せな香りです。

ナイフで切り分けていくと、そのやわらかさがわかります。

バターたっぷりアーモンド食パンの断面図
バターたっぷりアーモンド食パンの断面図

急いで朝食の準備をしていただきまーす!

バターとアーモンドのおかげで、めちゃくちゃ風味豊かです。

リッチな感じがします。

そして、ほどよくしっとりふわふわです。

このパンに特に感動したのが、私と旦那の大人二人です。

「明日の分もある?」と聞いてくれるほど旦那さんは気に入ってくれたようです。

「また作ってね」とリピートの要望いただきました!

本当においしいので、みなさんも是非作ってみてくださいね。

バターたっぷりアーモンド食パンの朝食
バターたっぷりアーモンド食パンの朝食