おうちでとろける幸せ
食事メニュー

今日のおうちごはん・鮭の塩焼き定食

晩ごはんの献立~塩鮭定食

我が家は週に2回、魚の日を作ろうと決めています。

買い物に行くのはだいたい週に1回なので、

日持ちのするお魚として、塩鮭をよく買います。

でも、そういう理由を差し引いても、脂がのって

皮をパリっと焼いた塩鮭は大好きです。

今日の晩ごはんは塩鮭をメインにしました。

ただ、塩鮭をメインにした場合、旦那や男の子には

おなかいっぱいになるかなと不安になります。

なので厚揚げを使って、ボリュームのある副菜を作ることにしました。

今日の献立

鮭の塩焼き

厚揚げときのこのみぞれ煮(大人用)

厚揚げピザ(子ども用)

ほうれん草とベーコンのソテー

きゅうりの塩こんぶ和え

豆苗とにんじんの味噌汁

塩鮭のおいしい焼き方

ポイント①焼く前に塩鮭に料理酒をハケで両面に塗ります。

面倒であれば小さじ1程度ふりかけてもOKです。

身がふっくらして風味もアップします。

ポイント②魚焼きグリルに魚がよくくっついてしまう方は、網にお酢を塗ります。

そうするとくっつきにくくなります、

ポイント③グリルをあらかじめ強火で5分ほど予熱(空焼き)しておきます。

皮がパリっとした塩鮭になります。

ポイント④もし1~2切れ焼くのであれば、グリルの両端に乗せます。

通常グリルは端の方が火力が強いので、早く火が通ります。

ポイント⑤鮭を焼く時は中火で、盛り付ける面を先に上にします。

最初に約3分、ひっくり返して約4分ですが、

鮭の大きさにもよるので、様子を見ながらひっくり返しましょう。

厚揚げときのこのみぞれ煮

とても簡単ですがほっとする味です。

材料

厚揚げ

しめじ

大根おろし

みりん   大匙1と1/2

しょう油  大匙1と1/2

だし汁   1カップ

作り方

①厚揚げをザルに入れて熱湯をかけて余分な油を落とします

②小鍋又は小さなフライパンにだし汁を入れて厚揚げ、しめじ、みりん、しょう油を入れます。

③しめじに火が通ったら大根おろしを入れて、2分ほど加熱したら完成です。

煮物は冷めていく間に味が染みるので、一番に作り始めるといいです。

もし時間がなければ、最後片栗粉でとろみをつけるのもありです。

厚揚げにみぞれ出汁が絡んで美味しくいただけます。

厚揚げのピザ

子どもに煮物も好きになってほしいのですが、

最近少し「早く食べなさい。」

と言いすぎかなと思う今日この頃なので

子どもは厚揚げの煮物ではなくてピザにすることにしました。

好き嫌いなく食べてほしいですが、ガミガミ言ってばかりで

食事自体が嫌いになってしまうと悲しいので、

バランスが大事だと思っています。

厚揚げのピザの材料

厚揚げ

マヨネーズ

ベーコン

チーズ

作り方

①厚揚げをザルに入れて熱湯をかけて余分な油を落とします。

②厚揚げを薄く2等分にします。

③白い面にマヨネーズを塗り、ベーコン、チーズを乗せ、トースターで焼いたら完成です。

ほうれん草とベーコンのソテー

だしの素とみりんで味付けしているのでまろやかな仕上がりです。

材料

ほうれん草

ベーコン

だしの素   小さじ1

みりん    大さじ1

作り方

①フライパンに油をひいて、ベーコンとほうれん草、調味料を入れて炒めます。

②ほうれん草がしんなりして、汁気が少なくなれば完成です。

きゅうりの塩昆布和え

もう少し野菜がほしい!

けれど毎回サラダになってしまう💦と言う時

塩昆布和えにしています。

ごま油と塩昆布で美味しくいただけます。

材料

きゅうり

塩昆布   2つまみ

塩     1つまみ

ごま油   大さじ1

作り方

①きゅうりを食べやすい大きさに切って材料と合わせて、もみもみしたら完成です。

我が家の鮭の塩焼きの食べ方アレンジ

私はそのまま食べるのが好きなのですが、

旦那や子どもたちはお茶漬けにして食べるのも好きです。

ご飯の上に鮭をほぐし入れて、液体昆布だし又はだしの素を一振り、ごま油を入れて

お湯を注ぎます。

あれば海苔やいりごまを上から散らせば完成!

なので最初の1/2は塩焼きとして楽しみつつ、

最後の1/2はお茶漬けで楽しむという

2段階の楽しみ方をしています。

また、下の子には鮭おにぎりにしたりもします。

喜んで食べてくれるなら、そのひと手間もありですよね。

そんなわけで、我が家は鮭を焼く日はご飯をいつもよりたくさん炊く必要があります。

でも笑顔でいっぱい食べてくれると嬉しいですね。

今日もごちそうさまでした✨