おうちでとろける幸せ
パン

にんじんパンとカリカリベーコン&とろとろスクランブルエッグの朝食

人参嫌いさんにも食べてほしい

私の子どもはあまりにんじんが好きではありません。

シチューやカレーでゴロっとしたにんじんがあると、

食べるのにとても時間がかかります。

そこで、にんじん嫌いの人でもおいしく食べられるパンを

作ろうと思いました。

「え?これにんじん入ってるの?」

「これならにんじん食べられる!」

という風になってほしいなと願いをこめて。

今日の朝食メニュー

にんじんとレーズンのパン

ベーコン

スクランブルエッグ

ブロッコリーとトマト

牛乳

ホームベーカリーで作るにんじんとレーズンのパン

材料(1斤分)

にんじん   80g

牛乳     120g

強力粉     220g

薄力粉     30g

バター     20g

砂糖       30g

塩        2g

ドライイースト  3g

レーズン     30g

人参嫌いさん集まれ!HBで作る人参食パン by とろけるキッチン

作り方

①にんじんを小さく切って、レンジで1分ほど加熱します。

②牛乳、卵、にんじんをブレンダーなどで攪拌します。(A)

③(A)と残りの材料をホームベーカリーにセットしたら完成です。

ポイント

にんじんをレンジで加熱することにより、できるだけ栄養を逃さないようにしました。

卵を使っているのでまろやかな風味になっています。

砂糖もやや多めで、ロールパンと食パンの中間くらいのイメージです。

カリカリベーコンととろとろスクランブルエッグ

私は朝食がパンの時、よくベーコンとスクランブルエッグを作ります。

何気なく作っていると子どもから

「ベーコンはカリカリがいい。」と注文がきました。

朝忙しくて適当に作っていたのですが、やはり美味しく食べるには

焼くだけでもコツがいるのですね。

カリカリベーコン

ベーコンをカリカリに焼くコツですが、

①火をつける前にフライパンにベーコンを並べます。

その際、ベーコンから脂が出るので油はひかなくてOKです。

②火加減は弱火でじっくりです。

カリカリにするには強火かと思ったのですが、

強火だとベーコンが縮む原因となります。

③ひっくり返して両面を焼きます。

この3点なら忙しい朝でもすぐにできそうですよね。

とろとろスクランブルエッグ

また、スクランブルエッグはとろとろが好みです。

簡単にとろとろスクランブルエッグにするには

隠し味にマヨネーズを入れることです。

マヨネーズを入れると固まるのが少し遅れて

とろとろのスクランブルエッグができます。

また、マヨネーズを入れることでコクがでておいしさもアップです。

焼く際のポイントは弱火で絶えずかき混ぜます。

そして、固まり始めてきたかなと思うと火を止めて

予熱で加熱、好みの固さでお皿にうつします。

絶えずかき混ぜると言っても、卵自体すぐに火が通るので

時間にして1~2分ほどです。

忙しい朝でもこれなら大丈夫!

もし良かったら取り入れてみてください。

感想

「いただきます。」

朝、子どもが一口食べて

「うまい!」

と言ってくれました。

どうやらにんじんを使っているとは気づいていないようです。

ふふふ。ちゃんとにんじん食べてますね。

それにしても、ふわふわでほんのり甘いこのパン。

にんじんのクセはほとんど感じません。

たまに出てくるレーズンが宝探しのようでこれまた嬉しくて✨

バターもジャムもつけなくてもそのままで十分おいしいです。

菓子パンのような甘さではないので、

塩気のあるベーコンエッグなどともよく合い

朝食にピッタリです。

笑顔で朝食を食べると気持ちがいいですね!

みなさんも是非一度作ってみてください。

おすすめホームベーカリについて

ホームベーカリーがあるとおうちで焼きたてパンが食べられます。

しかもパンだけでなく、ピザやヨーグルトなど色々作ることができるので

おうちごはんの楽しみが広がります。

おすすめのホームベーカリーについてはこちらをご覧くださいませ。

おすすめキッチンツール