おうちでとろける幸せ
スイーツ

濃厚とろけるチョコレートケーキ

濃厚しっとりなチョコレートケーキを目指して

チョコレートケーキは生チョコかなって思うくらい濃厚でしっとりが好きです。

食べた瞬間に贅沢なくちどけで満たされる。

そんなチョコレートケーキが私の理想。

そして幸運なことに家族もそんなとろける濃厚チョコレートケーキが大好きでした。

なので、旦那さんの誕生日にいろんなレシピを組み合わせて、

スポンジもクリームも超濃厚にとろけるチョコレートケーキを作っちゃいました。

チョコレート生地に選んだレシピ

まず、チョコレートケーキの生地に選んだレシピですが、稲田多佳子さん著の

「”何度でも食べたい、ずっと作り続けたい”まいにちの焼き菓子と特別な日のケーキ」

というレシピ本に掲載されている「しっとりショコラ」の作成にとりかかります。

ちなみにこの本は題名の通り、私もずっと参考にして作り続けている、私にとって師匠のようなレシピ本です。

今回はその中の「しっとりショコラ」

こちらは生地に生クリーム(60ml)もチョコ(65g)もバター(30g)も使用しているけれど、

卵黄と卵白を別々に泡立てるためか

濃厚しっとりなのにふわっと軽い食感になっていて、今回作りたいケーキのイメージにピッタリでした。

ちなみに、私がチョコ系の生地でしっとりレシピか判断するポイント

①生クリームを使っているか

②小麦粉の量

の2点です。

①の生クリームですが、牛乳を使っているレシピより生クリームの方が濃厚しっとりなイメージ。

②の小麦粉の量ですが、小麦粉が多いと濃厚しっとりよりも、「ふんわり」なイメージ。

どちらも好みですし、他の材料とのバランスもあるので、絶対ではないですが、

みなさんももし数多くあるレシピの中から、どれを作ってみようかと悩んだ時の参考にしてみてください。

そして、この「しっとりショコラ」のレシピは生クリーム使用、小麦粉は10gと少ないので

私の理想の「濃厚しっとり」なのではと思い、作り始めたのがきっかけです。

話はそれましたが、チョコをとろとろ溶かし、甘い匂いでキッチンが至福の場所となりました。

そして、メレンゲを泡立て、期待に胸をふくらませながら生地をオーブンに入れたら、生地作りは完了!

濃厚チョコレートクリームのレシピ

本来は焼き菓子としてこのまま食べるのですが、今回は誕生日ケーキ。

スペシャルでいきたいので、チョコレートクリームも作ります。

クリームも生地なのかクリームなのかわからないくらい濃厚なのがいいなと思って

たどり着いたのがクックパッドの ◆りぴ・りぴ㊙チョコレートケーキ◆ by まれ子 のクリームでした。

このチョコレートケーキのレシピはつくれぽが27400を超えていて

「クックパッドの大人気お菓子」という本にも掲載されるほどの人気レシピです。

このレシピで作るチョコレートクリームは生クリームとチョコレートの割合が1対1!

追い求めている濃厚さにピッタリでした♡

ちなみに今回生クリームは生地で使った残りの140ml、チョコを140g使いました。

さらに誕生日といえばやっぱりイチゴ🍓

やっぱり華やかさも大事だし、イチゴの甘酸っぱさもアクセントになるのではないかと思って

生地の間に、イチゴの生クリームをはさみました。(生クリーム50ml使用)

イチゴの生クリームはレシピと言わないほど簡単です。

生クリームを泡立てる際に、イチゴを細かく切って一緒に泡立てるだけ(;^_^A

本当に簡単なので、生クリームに変化を加えたい時は一度やってみてください。

こうして私の濃厚とろけるチョコレートケーキを探索する旅を終えました♪

そして、肝心の食べた感想ですが、、、

みんな笑顔がとろけて「もっと食べたい。」「クリスマスもこれがいい」

と言ってくれたので、ほっ☻

ほっぺも心もとろけることができました。

みなさんも、もしよかったら作ってみてください。

まいにちの焼き菓子と特別な日のケーキ【Amazon】

まいにちの焼き菓子と特別な日のケーキ たかこ@caramel milk teaさんの【電子書籍】[ 稲田多佳子 ]【楽天】