おうちでとろける幸せ
スイーツ

ふわふわとろけるヨーグルトムースのケーキ

優しいふわふわのクリームに癒されたい

ケーキを作っていると、ボウルに入っている生地やクリームを見て

子どもが「このクリームそのまま食べたい。」とよくつぶやきます。

確かにふわふわのとろとろのクリームって夢のようで、一度思う存分食べてみたいです。

また、疲れている時落ち込んでいる時、無性にスイーツが食べたくなる時があります。

体重を気にして普段控えていても、毎日耐えてばかりではしんどくなります。

そんな時、ヨーグルトを使ったこのムースケーキで一息つきませんか?

しんどい思いを爆発させる前に、この優しいふわふわのクリームに包まれましょう。

ヨーグルトを使った後味爽やかなこのムースが、嫌な事も忘れさせてくれて幸せにしてくれます。

ゼラチンを入れて、生クリームでケーキのようにデコレーションすれば

さらに満足度もアップです。

ふわふわとろけるヨーグルトムースで一度リセットして

また明日から頑張る!っていうのもいいですよね。

とろけるヨーグルトムースケーキのレシピ

後味さわやかで、優しいふわふわのムースにおぼれてみませんか?

ダイエット中でも食べたい、疲れていて甘いものが食べたい、疲れていそうだから作ってあげたい。

ダイエット中の方もそうでない方も、簡単に作ることができるこのスイーツで

笑顔になりましょう。

材料

ヨーグルト   400g

生クリーム   200m

l砂糖 40g

ゼラチン      5g

レモン果汁    数滴

トッピング用の果物

作り方

①ゼラチンは大匙1のぬるま湯でふやかしておく。ヨーグルトは半日ほど水切りをしておく。

②生クリームに砂糖を入れ、レモン果汁を数滴入れて泡立てます。生クリームを入れたボールより一回り大きいボールに氷水を入れて、冷やしながら泡立てます。

③生クリームをすくいあげて、ぽたりと落ち、後が残る状態(8分立て)になれば、1/4ほどデコレーション用に残し、3/4をヨーグルトと一緒に混ぜます。

④ヨーグルトと生クリームが混ざったら型に流し入れ、生クリームでデコレーションしてお好みで果物を飾れば完成です。

水切りヨーグルトについて

早く水切りしたい時

ヨーグルトをキッチンペーパーをひいたザルにいれて水切りをすると

クリームチーズのような濃厚な味わいになります。

今すぐお菓子作りをしたい時もありますよね。

そんな時はヨーグルトをレンジで加熱すると早く水切りができるようです。

ただ、加熱しすぎもよくないようで、400gのヨーグルトで600w1分30秒~2分くらいが目安です。

レンジで加熱後は通常通りザルとキッチンペーパーでこせばOKです。

水切りヨーグルトの栄養

水切りをしたヨーグルトの栄養はどうなっているのでしょうか。

実は水切りヨーグルトの方がタンパク質と脂質の割合が高くなります。

そのため、ヨーグルト本来の爽やかな酸味を残しつつ、まろやかな後味やコクが生まれるのです。

では、分離した水(ホエー)は何も栄養がないのかというと、そうではありません。

ホエーにはカルシウムが多く含まれており、捨てるのはもったいない話です。

牛乳とはちみつと混ぜてドリンクにしたり、パン生地に混ぜればしっとりしたパンになります。

また、お料理の下ごしらえで、お肉をホエーにつけこめば、お肉がしっとり柔らかくなります。

色々な使い道があるので、水切りででた水分も捨てずに使ってみましょう。

感想

「これ、クリーム?全部クリーム?」

冷蔵庫から出した瞬間、子どもたちの目が輝きました。

かろうじてナイフで切り分けることができるものの、

本当にふわふわでやわらかいムースは、夢のようです。

「おいしい!全部ふわふわ。」

邪魔するものが何もない、純粋にふわふわでとろけるクリームです。

それでも胸やけしないのはやはりヨーグルトのおかげかと思います。

ふわふわでとろけるクリームにおぼれることができました。

みなさんも是非一度、ふわふわとろけるクリームに癒されてみてください。

ふわふわとろけるヨーグルトムースのケーキ