食事メニュー

シャキシャキ蓮根と豚肉の月見丼

豚肉と蓮根の月見丼

シャキシャキ蓮根のレシピ

秋になるとほっこりしたものが食べたくなります。

秋が旬のお野菜は何だろうと調べると蓮根がありました。

レンコンの旬は秋から冬にかけてだそうです。

レンコンの面白いところは、時期によって味が変わり、

収穫が始まる9月頃からの秋のれんこんはシャキシャキ食感できんぴらやサラダにも向いています。

冬になるとタンパク質が糖化して粘り気が出て甘味も増すので煮物に向いているそうです。

なので、今日は豚肉と蓮根の月見丼を作ることにしました。

こちらは薄切りにスライスしたレンコンを使うので秋の蓮根だとよりシャキシャキ食感が楽しめます。

もう中秋の名月は過ぎてしまいましたが、おうちで実りの秋に感謝しませんか?

豚肉と蓮根の月見丼

甘辛いシャキシャキ蓮根をとろとろ卵が包み込む。

味噌ベースの味付けが豚肉にしっかり絡んで、どこをどう食べても美味しい丼です。

ご飯がとってむ進む味。

蓮根を使った主菜で蓮根料理のレパートリーが広がります。

材料(4人分)

  • 豚肉(スライス、細切れなど)     300gほど
  • 蓮根     一節(200gほど)
  • 水      100ml
  • だしの素   小さじ1
  • 料理酒    大さじ1
  • みりん    大さじ1
  • しょう油   大さじ1
  • 味噌     大さじ1
  • 生卵     人数分
  • 片栗粉    適量

作り方

①蓮根はスライサーでスライスして、酢水につけておき、豚肉は細切りにして片栗粉をまぶしておきます。

②フライパンにサラダ油(分量外)をひいて、豚肉、蓮根をサッと炒めます。

③豚肉が完全に火が通る前に水100ml、だしの素、料理酒、みりん、しょう油を入れて炒め煮にします。

④水分が半分くらいになったら味噌を入れて混ぜたら出来上がり!丼のご飯の上に盛り付けて、卵をトッピングしたら完成です!

豚肉の月見丼

感想

シャキシャキれんこんに卵が絡まっておいしいです。

豚肉にも片栗粉をまぶしたおかげでしっかり味が絡まっています。

今回炒め煮にしましたが、炒め煮にすることで食材の余分な水分が抜けてうま味が凝縮されて、味もしみやすい効果があるそうです。

家族全員にっこり笑顔、完食です。

みなさんももしよかったら作ってみてくださいね。