おうちでとろける幸せ
スイーツ

つるんとジューシー!桃とヨーグルトの2層のゼリー

桃とヨーグルトのゼリー

赤いほっぺとひんやりぷるぷるのゼリー

ゼリーを作る時いつも子どもの顔を思い浮かべます。

外から帰ってきて、ほっぺを赤くさせ、汗をかきながら「今日のおやつ何?」

と目を輝かせながら聞く笑顔。

たくさん動いて、汗をきらきらさせているので、ひんやりしたおやつを出したくなります。

ゼリーのきらきらも子どもの笑顔に似ている気がします。

のどごしつるんと冷たいゼリーを食べながら、一日の出来事を聞くのは幸せですね。

また、もう少し小さい子なら、色々な形のゼリーを作ると喜んでくれます。

お菓子の本で、かわいい形のゼリーがあると、これを作ってとよく見せてくれるんです。

色とりどり、色んな形のグミも大好きで、

大人以上に見た目の楽しさって大事なのかなって思います。

100均などでも色々な型があるので、それを試してもいいですし、

ガラスの器にいれると、鮮やかなゼリーの色合いを楽しめます。

今回はネコ型のシリコントレイに1つ入れてみました。

「小さい子ども」と言いながら、作る私もわくわくしています。

作っていてかわいいとテンションが上がりますし、

うまくできるかな、喜んでくれるかなと、うきうきわくわくです。

ネコ型ゼリー
ネコ型ゼリー

つるんとジューシー!桃とヨーグルトの2層のゼリー

桃の缶詰1つ使い切ります。

シロップに桃を攪拌して混ぜているので、ジュレのような食感で桃のジューシー感満載です。

ヨーグルトの層は牛乳もまぜて、つるんと爽やかながらクリーミーです。

ジュレのような桃ゼリーの層とつるんとしたのど越しのヨーグルトの層のゼリー。

2つの食感、2つの味が楽しめるゼリーです。

別々に食べてもよし、一緒に食べてもこれまたおいしいお得なゼリーです。

材料

  • 桃缶詰(250g 桃2つ割りが4つ)     1つ
  • 粉ゼラチン              5g
  • ヨーグルト             100g
  • 砂糖                 30g
  • 牛乳                150ml
  • 粉ゼラチン              5g

作り方

①桃ゼリーを作ります。沸騰直前、又は沸騰から少し冷ましたお湯50mlで粉ゼラチン5gをふやかします。

②桃缶をあけて、シロップと桃にわけ、桃1切れは小さく角切りにします。

③シロップと桃3切れをボウル等にいれて、ハンドブレンダーで攪拌し、ふやかしたゼラチンも入れてさらに攪拌します。

④器に桃ゼリー、角切りにした桃をいれれば、桃ゼリーの完成です。

⑤ヨーグルトゼリーを作ります。お湯50mlで粉ゼラチン5gをふやかします。

⑥ヨーグルト、砂糖、牛乳をボウルに入れてハンドブレンダーで攪拌、ゼラチンもいれてさらに攪拌します。

⑦桃ゼリーの上に流し込んで冷蔵庫で冷やしたら完成です。

缶詰のシロップ飲んで大丈夫?

フルーツの缶詰には必ずシロップが入っています。

甘くておいしいので捨てるのはもったいないですが、健康面は大丈夫なのでしょうか?

今回シロップもすべてゼリーに使うので調べてみました。

缶詰のシロップは食べ物を酸化させない、腐らせないために、入っているそうです。

それなら、薬品とかがたくさん溶け込んでいるのかなと思ったのですが、そういうことではないようです。

甘~い、糖度の高いシロップをいれることで、微生物の繁殖を抑えているそうです。

なので、フルーツの香りがとけこんだシロップをゼリー等で利用しても問題ないようです。

他の使い道として、ヨーグルトにかける、お料理のタレやソースに使うなんていう使い道もあるそうです。

感想

ネコ型とガラスのコップに入れてゼリーを作りました。

ネコ型桃とヨーグルトのゼリー
ネコ型ゼリー
桃とヨーグルトのゼリー
ガラスコップにいれたゼリー

型抜きする場合は、ジュレのような桃の層を下にすると取り出しにくいので

ヨーグルトの層を下にした方が良かったかなと少し反省です。

それでも、「めっちゃおいしい!」と喜んでくれました。

私のおすすめの食べ方は桃の層とヨーグルトの層を一緒に食べる方法です。

ジュレのように柔らかく桃感たっぷりの層とぷるんとクリーミーなヨーグルトの層の

コラボは子どもだけでなく大人もうっとりします♡

たまに出会う角切り桃もうれしいサプライズです。

簡単なので、これから何度もリピ予定です。

ごちそうさまでした。