おうちでとろける幸せ
食事メニュー

無印良品「フライパンで作るナン」作ってみました

焼きたてナンを自宅で食べてみたい

先日無印良品に行った時、「フライパンで作るナン」という商品が売っていました。

裏側の説明書きを見てみると、自分で用意する材料は水とオリーブオイルのみ。

所要時間も、こねる時間5分、寝かせる時間10分とそんなにかからないようです。

1袋200gで4枚できるそうなので、簡単にできるなら、楽しそうだし作ってみたいな~と思い、購入しました。

今回は子ども(年長)と一緒に作った感想を紹介したいと思います。

結論から言うと、めっちゃ簡単、そして、おいしかったです。

ナンとパンの間くらいの味と食感ですが、家族全員気に入って満場一致でリピ確定でした。

無印良品「フライパンで作るナン」作ってみました。

作り方はとっても簡単でした。

①ボウルにナンミックス1袋、水100ml、オリーブオイル小さじ1を入れてゴムベラで混ぜ、手で5分ほどこねます。

☆手でこねる作業って手にすごくくっついたり、生地がべちゃっとしてまとまらなかったりと、とにかく難しいイメージがあったのですが、そんなことありませんでした。

手にそこまでくっつかず、すぐに生地がひとまとまりになり、べちゃつきもせず、粉っぽすぎずこねることができました。

②生地を4等分して、丸く成形し10分ほど生地を寝かします。

☆もっときれいに丸めた方がいいのかなと思いながら、表面凸凹したまま寝かせてしまいました。ちなみに10分寝かしてもパンのようにふくらむわけではありませんでした。

ナン。丸くして10分休ませる
ナン。丸くして10分休ませる

③まな板や作業台に生地をのせ、めん棒でうすく伸ばしてナンの形にする。

☆打ち粉をしなくても、まな板やめん棒にくっつきませんでした。6歳の子どもも楽しく伸ばしています。

④フライパンに蓋をして焼く。1~2分で表面がポコポコしてくるので、裏返して1分ほど焼いたら完成!

☆本当に膨らんできました!こんなに簡単なのになんで~!?と感動。ナンっぽくなりました。

ナンの完成!表面にバターを塗ってみました。
ナンの完成!表面にバターを塗ってみました。

トマトキーマカレーのレシピ

ナンに合うカレーについて考えた時、私が好きなインドカレー屋さんでは野菜カレーをよく頼んでいました。

というより好きすぎて野菜カレー以外注文したことがないかもしれません。

色々な野菜のうまみや酸味がとけこんだカレーは、あの大きくて少しこってりしたナンともよく合うんです。

というわけでトマトベースの野菜たっぷりのキーマカレーを作ることにしました。

このキーマカレーはトマトソースよりもマイルドで、いつものカレーよりも爽やかなのに濃縮されていて、味見と称して何度もつまみ食いをしてしまうおいしさです。

材料(6皿分)

トマト缶詰   1缶

豚ミンチ肉   400g

玉ねぎ     大1個

にんじん    中1個

茄子       2本

ズッキーニ    1本

水       300ml

カレーのルー   4皿

作り方

①フライパンで豚ミンチとみじん切りにした玉ねぎを炒めます。

②玉ねぎがしんなりし、豚肉の色が変わってきたら他の野菜も入れて、さらに炒めます。

③トマト缶、水を入れて蓋をして水分が半分ほどになるまで煮込みます。

④火をとめてルーを入れよく混ぜます。

⑤弱火で10分ほど煮込んだら完成です。

トマトキーマカレー
トマトキーマカレー

感想

ナン作りは6歳の子どもと一緒に作りましたが、本当に簡単でした。

捏ねるのも伸ばすのも、そこまで手にもまな板にもくっつかないので、自分も周りも粉だらけになるということがありませんでした。

そのおかげか「粘土みたい~♪」と言いながら楽しそうに子どもも作っていました。

でもフライパンで焼いていると、ポコポコふくらんできて、本当のナンみたいです!

このふくらんでくるのをみた時は感動です。

表面にバターを塗るとツヤがでて、さらにお店のナンに近づいてきました。

お味の方は、ナンとパンの中間くらいですが、これはこれで十分おいしいです。

トマトキーマカレーとの相性も抜群です。

息子はナンがなくなった後、ご飯とカレーをおかわりしてキーマカレーで食べていました。

4枚焼けますが、育ち盛りのお子さん2人と大人2人の場合では足りないかと思います。

でも、満場一致でリピート買いすること決定しました!

また、食べたいです。

みなさんももしよかったら作ってみてくださいね。