おうちでとろける幸せ
スイーツ

はちみつの糸とおまじない

はちみつ

スプーンから零れ落ちるはちみつの糸。

はちみつの糸を眺めるのが幼い頃から好き。

はちみつの海にリボンのように落ちては重なっていき

ずっとずっと糸は続いていく。

いつになったらパンに塗れるかな。

わくわくしながら眺めていた。

今、母になって、はちみつの糸を眺める子どもを見つめている。

目をまん丸に輝かせて、はちみつの糸をわくわくしながら眺めている。

あの頃の私のように。

はちみつの糸は永遠に切れない。

きっとおまじないをかけているから。

「この子が元気でありますように」って

母から子へ、子が大きくなり、母になればまたその子どもへと。

だから、きっとあんなにきらきらしていて、とろりとろけて甘いのだ。

何度でもおまじないをかける。

バターが香るトーストの上、きらきら甘く輝くまで。

あなたのほっぺがとろり輝くまで。

何度でも何度でも。

アルファポリスという投稿小説サイトに

はちみつのおまじないに関する詩を投稿しました。

おにぎりぼうやとおまじない

お料理を作る時、ごはんを食べる時、この気持ちだけは忘れないでおこうと思う。

どうしてごはんを作るのか、どうして一緒にごはんを食べるのか。

それは誰かの笑顔が見たいから。